マクドナルドでアルバイト

自分の家は月々決まった額のお小遣いというものが存在しなくてお風呂洗いや靴洗いなどの家事のお手伝いをして100円やらをもらっていた。その他の収入源と言えばお年玉と親戚の人からたまにお小遣いをもらう、たまにほしいおもちゃがあれば言ったら買ってくれる。

家がそんなに裕福じゃないのなんとなくわかってたからほんとによっぽどじゃないと買ってほしいと言わなかったけど。そんな感じだった。小学生ぐらまでは特に問題はなかったけど中学生ぐらいになると好きなアイドルができたりほしいゲームが増えたりしてお金も足りなくなっていった。

そのころから高校に入学したらアルバイトを始めたいと思いだした。高校に無事に入学して高校生活も慣れてきた一年の2学期ごろ、まわりもだいぶアルバイトを始めていた。

そろそろ自分もと思い親に相談すると昔お父さんがマクドナルドで働いていてシフトがある程度自由に組めるからマクドナルドが良いと教えてもらった。さっそくマクドナルドに電話をして面接の日程が決まった。

面接当日初めてのアルバイトの面接ということでかなり緊張しながら受け答えをしていた。希望時間を聞かれたとき自分はとにかくお金がほしかったから平日は高校が終わってからの5時間、土日はフルの8時間働けると伝えた。

面接の終わりにその場で採用が決まり数日後からアルバイトが始まった。覚えることが多すぎて高校にも通いながらということでお金のこともあまり気にしないで日々が過ぎていった。

毎日たくさんのハンバーガーを作りナゲットをこれでもかと揚げ。そして初の給料日前の明細書をもらって中身を見てみるとその時の自分にとってすごい大金が記入されていた(たしか3万ぐらいだったけど笑)。

時給も最初に説明されて働いた時間で計算したらそうなるのが当たり前なんだけどその時はなんか現実味がなかった。給料日にさっそく給料をおろしに行った。口座には3万の文字・・・もうねテンションが上がったよ。

お年玉が親やら親戚の人やら全部合わせて2万ほどたまに親戚の人からもらえるお小遣いが千円ぐらいで年に4回ぐらいで4千円。

家事の手伝いはこっちからはなんとなく言いにくかったから頼まれたときだけってことで月に10回ほどで約1000円合わせて年収(笑)3万6千ぐらいだったオレが10日も行ってないぐらいでこの金額。

何に使ったかは覚えてないけどたぶんアイドル関係だったろうな。そして一ヶ月後にはまる一ヶ月分の給料9万ほどが・・・。逆に恐ろしかった。そんな大金生まれて初めて手にするんだもん。

ともだちとカラオケに行ったり、ほしいものも躊躇せずに買えたりほんとうに楽しい日々を過ごしていた。今となれば生活費に税金にそれの2倍のお金をもらっても大変な毎日だけど初アルバイトの初給料の感動は忘れられない。

ちなみに、今は仕事の給料だけでは生活が厳しいので、仕事終わりに居酒屋でアルバイトしていますよ。

参考に…http://www.rwstar.net/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>