初めての万枚達成!

当時、パチスロは四号機が全盛の時代で、万枚なんてのは珍しくはありませんでした。10万入れて20万回収。そんな懐かしく香ばしい時代でした。

そんな私は外回りの営業マンだったため、時間が空いた時にはパチンコ屋に行っていました。給料日前で財布の中はすっからかんです。「勝ったら返せばいい話・・・」と、スロット軍資金を用意して時間つぶしをしました。

設定変更台を狙い終わり、ふらふらと店をさまよっていました。
当時時速5千枚とうたい有名だった機種、サラリーマン金太郎が1台だけ空いていました。設定変更狙いも失敗し、思わず残りの1台に座ってしまいました。普段なら1万、2万入れても大当たりを一回も当てられずに家に帰ることもざらです。

しかしこのときは違っていました。4千円ほどで大当たりを引き、チャンスゾーン中に弱ハズレからATに突入。
あまりの理想の展開なので恐怖すらおぼえました。同時に、すぐに終わってしまうだろう。どうせ1セットで終わってしまうだろう。淡い期待はせずにたんたんとATを消化していました。

このときはあまりスロットを始めたばかりだということもあり、あまり知識が豊富だったとはいえません。
ATが終わっても再びATに突入を繰り返し、少しずつメダルは増え下皿がいっぱいになったところで、ドル箱にメダルを移しました。
そして未だに終わる気配のない、ATに私は震えていました。
何しろ、パチスロをし始めて最高勝ち金額がまだ5千円だったのですから。
「ぶっ壊れてしまったのだろうか……?」
そんな被害妄想ともいえることを考えながら、私は休憩もせずに心とは裏腹に無表情で打っていました。午前中を終わったところで、数回のビッグボーナスやレギュラーボーナスを絡め時速5千枚の破壊力を堪能しまっくていました。
気付いたときにはドル箱は5箱。まだお昼にもなっていません。一体どのくらいまでいくのだろうか。恐怖心はいつの間にか欲望に変わっていっていました。そんな変貌した私の心に金太郎はさらに答えてくれました。何度となく響く「まだまだ~!」との叫び声。
私は「よしよし。」と心の中で金太郎を声援を送り続けました。

そして完全にATが終了したのは、午後の2時を回ったときでした。朝から何も食べずにコーラだけを胃の中に入れ、金太郎を応援し続けた結果、ドル箱は全部で15箱。計1万5千枚を超えていました。私はゴルゴ13ばりに背後の人間に気遣いながらコンビニでお弁当を買い、家に帰りました。

もちろん、きちんと借りたお金は返しました。