不妊治療にかかるお金

私は結婚して5年目の主婦です。

結婚当初から旦那の給料が少なくて、車のローンなどもあったので私も仕事を掛け持ちして朝早くから夜遅くまで働いていました。

それでも足りないときは借金をしながら生活をしたこともありましたね・・・※主婦お金がない

帰ってからも家事をしなくてはいけないし、休みの日も平日に荒れた部屋の掃除で一日終わってしまったりしていました。

しかし働かなくては生活ができなくなるので頑張って仕事と家事との両立をしていました。働いても働いてもお金は貯まらないし、むしろ生活は苦しいし悩みだらけでした。悩みすぎて体調を崩すことも増えてきました。

そんな生活を数年送ったあと、車のローンも終わって少し落ち着いてきたので私は以前からしたいと思っていた不妊治療を始めることにしました。ですが、仕事をしながらの治療はなかなかうまくいかずストレスを感じていました。

今年に入って主人の給料も少し上がり、主人と義両親の勧めもあり専業主婦になり不妊治療に専念することにしました。

ですがまだ、主人の給料だけでは生活が苦しいのでそこは義両親が助けてくれることになりました。そのおかげで評判のいい隣の県の病院まで治療に通うことが出来るようになりました。

病院代も義両親が出してくれるようになったのですがそれがまた私を悩ませています。なぜなら毎回病院に行く時に義両親にお金を貰いに行かなくてはならないからです。

やはり、いくら向こうが好意でしてくれていることでも不妊治療は毎回結構な金額がかかるので心苦しくなってきます。

でも、貰わなくては治療は出来ないし最近はそれが悩みになっています。早く子供が出来てこんな悩みなくなればいいのになと思いますが、子供が出来たら出来たでまた別の悩みも出てくるんだろうなとも思います。

ですが、きっといつか落ち着く時が来ると信じて頑張りたいと思います。

コンプレックス5箇所

私のコンプレックスはまぶたと鼻とおへそと足と毛深いことです。

まぶたは腫れぼったく、福笑いっぽい顔立ちです。
富士額でもあるので、学生時代は「平安美人」や「お雛様」と友達にからかわれていました。

この腫れぼったいまぶたをどうにかスッキリさせるべく、毎日まぶたを内側から外側に向けて指でマッサージをしたり、目を上下左右に動かしてまぶたの筋肉を刺激したりしています。
また、アイシャドウはブラウン系にして、まぶたの腫れぼったさを目立たなくするようにしています。

次に、コンプレックスに感じているのは鼻です。
いわゆるだんごっ鼻で、低くて丸いです。
鼻の穴の形が縦長でなく横長です。
鼻頭に鼻骨を感じません。

だんごっ鼻をスッキリ見せるために、やはりお化粧の力を借りています。
鼻筋あたりに白いアイシャドウを一本スッと線を描くように入れています。
この効果は意外とあります。

次におへそです。
ややデベソです。
私が生まれた時、臍の緒を結ぶのを失敗したらしく、2回結んだと母が話してました。
これは普段人に見られない部分なのでさほど気にしていませんが、若い頃ビキニを着たくても着ることを避けていました。

最後に、コンプレックスに感じているのは足です。
ふくらはぎがとにかく太いです。
父方の家系、親戚の叔母達は皆いわゆる大根足なので、似てしまったのかなと感じています。
むくみも酷いので、お風呂に入った時は必ずマッサージしています。
とにかく下から上に揉み上げ、最後はリンパ節の部分を優しくマッサージすると、翌朝は足がスッキリしています。
が、また夕方にはむくみ、大根足が更に巨大化してしまいます。

最後に、これは対処ができる悩みなのですが、毛深いということです。これは母方の遺伝ですね。

毎日毎日毛の自己処理をして、暑いからはやく風呂場からでたいのにいちいち時間がかかってしまいます。また、その自己処理のせいで肌も少々荒れぎですし・・・今年の夏はもう過ぎていっているので間に合いませんが、来年の夏に向けては地元の仙台で脱毛をしようかなって考えています。※仙台レーザー脱毛